ツイッターパーツ
t

【Thai】チェンマイ旅行記2017 Vol:7 

【2月25日】前編

この日がついにやってまいりました

私的メインイベント!

Elephant Rescue Parkツアーです




ツアーのピックアップは8時15分なので、その前に歩いて1~2分のランドリーへ

ここはカフェ兼ランドリーで、とっても可愛らしいお店でした♡
チェンマイ2017(301)

チェンマイ2017(302)

チェンマイ2017(303)

料金は1㌔100Bくらいだったかな?

朝出すと夕方には出来上がります

この日は17時以降で受取OK

今回は現地用4セットと部屋着1セットしか持ってきてないのでホント助かります~



ホテルに戻って朝ゴハン

この日初めてホテルの朝ゴハンをいただきました

…が、やはり某大陸の集団がやりたい放題(´・д・`) オチツカナイ

時間もないし、おかゆとオレンジジュースだけいただきました
チェンマイ2017(305)



時間通りにお迎えが来てくれてスタッフのKIDさんとごあいさつ

パークの代表の方です

ワゴンに乗り込むと既に2人の女性がいました

私たちを乗せた後、もう一軒のホテルへ行き、さらに2人の女性を乗せてパークへ出発

車内では名前とどこから来たのかくらいのちょっとした自己紹介

とりあえず英語できなくってゴメンネって言ったら、Mr.KIDが一言

『象に言葉はいらないから心配ないよ、心で話すんだ』



自己紹介の後に、施設を作った理由を話してくれました

象は昔から人に利用されてきて、そのほとんどが重労働 残酷で非倫理的な厳しい条件のもとで生きることを強いられてきました 現在も観光客を乗せたりサーカスなどで芸をさせられたりしています その中には満足に食事を与えなかったり、怪我をしても治療を行ってもらえずに命を落としてしまう象も少なくないようです そんな象を保護し、安心できる環境を提供する、それがこのElephant Rescue Parkだそうです

そう、Elephant Rescue Parkは象の保護施設なのです

そのため、象乗りもないし、芸を見る事もない

自由な象と一緒に歩いたり水浴びしたりするだけ

なんて私好みなプログラムなのかしら!



続けてこんなお話も

お金は全て象に使いたいので広告は出していないとのこと よくあるホテルのレセプションのツアーデスクにも手数料がかかるために出していないそうです 全ては私たちの口コミが広告ですって FacebookやTwitterにいっぱいうpして広めて欲しいとの事でした

英語だけど、すっごい解りやすく(簡単に)話してくれ、感謝です!!!





30~40分くらいかな?

Elephant Rescue Parkに到着
チェンマイ2017(307)

自然がいっぱい( *‘∀‘ )
チェンマイ2017(306)



着替えを渡され、大部屋でみんなでお着替え

特にロッカーもなかったので、現金も500Bくらいしか持っていかなくて良かった

着替えた後は長靴を履いて、麦藁(?)帽子を被って早速象のところへ!



いたーーーーーーーーーー♡
チェンマイ2017(308)

2~3歳のちっちゃいのが3頭♡ かわいーーーーー♡♡♡
チェンマイ2017(309)

こども達はサーカスや街で物売りなどをさせられていました

芸をするように強要されたり、満足に食事を与えられず劣悪な環境で虐待されていたのを保護されました

左からシャブー(2歳♂)、ナム・チョーク(3歳♂)、パイリーン(3歳♀)
チェンマイ2017(310)



予想以上にかわいいのもそうなんだけど、

ど、動物園の臭いがしない!!!

きちんと清潔に保てるようにお世話されてるんですね

ちなみに顔をくっつけてクンクンしても臭わないほど

これは結構驚きました( ゚Д゚)



おっきい子もいたーーー♡
チェンマイ2017(311)

事前に調べた時には大人象の情報なかったのにって思ってたら、なんと2/22に救助されてきたばかりのお姉さんでした

彼女は伐採した木材を運ばされる重労働をさせられていました

来たばかりだったのにもかかわらず、私たちに対してとても穏やかに接してくれました

彼女はメー・カム・ノイ(33歳♀)



まずはおやつタイム

バナナを1房づつもらって子どもたちに、お姉さんにはサトウキビをあげました

美味しそうに、楽しそうに食べる姿に幸せな気分になりました



みなさん、突然ですが普通の象使いが使ってる小さい鎌みたいな道具を知ってますか?

それで頭や身体を力いっぱい叩きつけて象を操る

いくら象の皮膚が厚いからといって痛くないわけがありません

でもそうやって象を支配するのが象使いなんです

このお話はまた最後の方に…



ここにいる子たちには鎌で叩かれる事もなければ鎖にもつながれてません

メー・カム・ノイだけは来たばかりなので耳に細いヒモは付いていましたが、支配するためのヒモではなく誘導するためのヒモ
チェンマイ2017(312)

みんな自由にお散歩です
チェンマイ2017(313)

途中で草を食べたかったら食べ、止まりたかったら止まる
チェンマイ2017(314)

メー・カム・ノイは美味しい葉っぱを見つけたようですw全然進まないwww
チェンマイ2017(315)

坂道も上手に下ります
チェンマイ2017(316)

一匹が止まると渋滞しますwww
チェンマイ2017(317)

丘の上までシャブーのおしりをご堪能ください♡


あーーーなんて可愛いんでしょう

しっぽの写真も撮らせてくれたよ
C5wgk1ZUoAAGbUi.jpg



おさんぽコースの途中にある屋根の下でひとやすみ
チェンマイ2017(318)

ペットボトルのお水を飲んでいたらこども達におねだりされ、鼻からお水を飲ませてあげたら超ゴキゲン!人間の分がなくなっちゃったよw
チェンマイ2017(319)

お返しにおくちの中を見せてもらいました!奥歯見えるかな???
チェンマイ2017(320)

スタッフのおにいさんに帽子をかぶせてもらって楽しそう♪
チェンマイ2017(321)


チェンマイ2017(322)

さて、再び出発~!
チェンマイ2017(323)

チェンマイ2017(324)

のどか( ´∀`)
チェンマイ2017(325)

チェンマイ2017(326)

赤ちゃんと引き離されたお母さん象、お母さんと引き離された赤ちゃん象
チェンマイ2017(327)

微笑ましい写真に見えるけど辛く悲しい過去があります
チェンマイ2017(328)

現在、メー・カム・ノイはシャブーを自分の息子のように世話をしているようです

幸せいっぱいの未来を願います



象のこどもには毛がいっぱい生えてるんだよ!!
チェンマイ2017(329)

水場までもうちょっと
チェンマイ2017(330)

スタッフもみんないい人!(言葉通じないけどw)
チェンマイ2017(331)

あっち行ったり、こっち行ったり( ^ω^)
チェンマイ2017(332)

水場が見えたらこども達ダッシュwww
チェンマイ2017(333)

ここは浅い水場なのに横になってゴロゴロ水浴びしたよ

深い方の水場へ移動し、お風呂タイム
チェンマイ2017(334)

メー・カム・ノイは脱走wwwスタッフがんばれwwwww
チェンマイ2017(335)

みんなでブラシを使ってゴシゴシ
チェンマイ2017(336)

ゴシゴシ気持ちいい~

…!?

気持ちよすぎてウ○チ出ちゃったのはどの子でしょうかwww


ちなみにこの水場は臭いもなく、象が入る前はそこまで濁ってなかったので、入ることが出来ましたw

水、死んでませんでしたよ(・∀・)



お風呂が終わったら象たちとはお別れの時間

彼がMr.KID
チェンマイ2017(337)

名残惜しい~また絶対来るからね~!!
チェンマイ2017(338)



さて、今度は最初の小屋まで戻って人間がシャワーを浴びます

シャワーと行っても頭の上に這わせたパイプに穴か開いていて水が出るというなんとも簡単な物

排水は外に垂れ流しなので、石鹸やシャンプーは使わず

ホテルに帰るまで我慢です



シャワーが終わったらお昼ゴハン
チェンマイ2017(339)

家庭料理ってカンジのシンプルなメニューだけど美味しかった

ゴハンを作ってくれた女性スタッフは少し日本語が話せて嬉しかったよ( *‘∀‘ )

そこら辺に生ってたタマリンドをもらったよ(あんまり好きじゃないけど)
チェンマイ2017(340)



ゴハンを食べ終わってから、象産業がどういうものなのか、再びMr.KIDが話をしてくれました

以前、このパークに救助されたジブ(没35歳♀)

彼女は観光客を乗せる仕事をさせられていました

その仕事で彼女は怪我をしたのだけれど、治療をしてもらえず感染症にかかり、保護された時はもう遅かったようです…

象の病院で集中的に治療をしたけれど、最後は痛みで立つことも出来ず、亡くなったそうです

当時の写真を見せてくれながら話してくれたんだけど、耐え切れず声を上げて泣いてしまった…



ここから象産業の闇の部分を話します

ショッキングな内容を含みますが、たくさんの方に現実を知っていただきたいので、是非最後までお読みいただけたらと思います


私はタイで象が神の使いとして大切にされているという話を真に受けていました

象は穏やかな動物だから、頭のいい動物だから、共存している、本気でそう思っていました

もちろん、象を大切にしている人もいるし、穏やかで頭のいい子がほとんどだと思う

ただ、観光産業に巻き込まれた象は酷い虐待があり従順にならざるを得なかった、という現実を知りませんでした


想像以上の虐待で何度も目を背けてしまいました



まだ小さいこどものうちに母親から無理矢理引き離され、狭い檻へ入れられ、何日も何日も叩かれます

上記で話した鎌のような道具を使って

そしてそれは『象の心が死ぬ』まで続けられます



私は過去に一度、アユタヤで無料だからと強引に乗せられた経験があります

強引だったとはいえ、乗った事実があります

その事を今ではすごく後悔しています…

だからと言って乗る人を非難はしません

ただ、乗る前に知って欲しいのです



これ書いてる間もね、すっごい心の葛藤があるんですよ

私一人が思ってるだけじゃどうにもならないとか、タイの人だって象の観光産業がなかったら生活できないとか、乗るなーって言うのは簡単だけど具体的にどうすればいいのか…とか

旅行記を更新するのにものすごいエネルギーが必要でかなり時間がかかっちゃいました

で、考え抜いた結果



綺麗事だけど言っちゃう




タイに行って象と触れ合いたい、と思ったら是非チェンマイへ行って【Elephant Rescue Park】のプログラムに参加しましょう

象に触れるにも『チップ!チップ!』、写真撮るにも『チップ!チップ!』、おやつあげるにも『チップ!チップ!』、しか言わない象使いに払うのならば、ここへ来て思う存分象たちとイチャイチャしましょう!!!

そして象が幸せになるチップを払いましょう
チェンマイ2017(341)

チェンマイ2017(342)


ここはね、わんこも幸せそうだったよ
チェンマイ2017(343)

チェンマイ2017(344)

チェンマイ2017(345)

わたしはまた絶対ここへ戻ってきて、可愛い象たちといっぱい遊んで、少しでも象が幸せになるようにっていう綺麗事をいっぱい言ってチップの箱に札をねじ込んでやるーーーーー!!

支離滅裂でスミマセン!!!



【to be continued(*´∀`*)】
( 2017/09/18 21:00 ) Category Thai 2017 | トラックバック:(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
★お手伝いした作品★

100%GUMI宣言!-Megpoid VIDEO CLIP COLLECTION + LIVE [DVD]



彗星.mp3

(*≧∀≦)ノノ゙☆゚・:*。+